通信制高校や予備校で教育を受ける

教育報知

教育

education

教育とは、社会的環境で意図的や無意図的に刺激と影響を受けることになります。
このような刺激と影響を受けることで、専門的な知識を増やすことや技能を身に付けることができます。
専門的な知識や技能を身に付けると、人間性を育てることができますし、その人物が持つ能力を引き出すことができます。

これには、様々な種類があります。その中には、法的に義務付けられてる課程があります。
それは義務教育と言われるもので、小学校、中学校の9年間の教育になります。
高校や通信制高校、四年制大学、短期大学などではそこで得た知識を更に追求して勉強を行う施設になります。

義務教育

genba

義務教育というのは、一定期間もの間に法的に義務付けられている制度になります。
世界各国で、この制度は利用されています。これは、法令によって子どもの年齢や習得する教育課程を基準に期間を定めます。
保護者や後見人には、その定められた期間に子どもを就学させる、またはその課程を修了させる義務があります。
国や地方自治体によって、必要な学校を設置することが義務付けられています。

この目的は、国家や社会の形成者としての最低限の基盤的な知識を得る為の育成になります。
それに、最小限となる社会的保障となるので国民がこの制度を受ける権利があります。

高校

義務教育というのは、基本的に9年間の教育課程を行うことになります。
この9年間というのは、小学校で6年間、中学校で3年間となります。
ですので、高校へ進学することは法的に定められていません。
それに、満15歳以上の年齢であれば労働をすることができます。ですので、中学校を卒業と共に労働を行うことができます。

しかし、現在の日本では中学校を卒業した後に、高校へ進学する率が90%を超えていると言われています。
それに、大学へ進学する率も50%近くあることから高学歴社会だと言われています。


オススメサイト

メンタルケア心理士を目指すなら|TERADA医療福祉カレッジ

ニュース

2013/10/15
通信制高校を更新しました
2013/10/15
予備校を更新しました
2014/02/28
英会話スクールを更新しました
2014/04/26
フリースクールを更新しました